書籍「サワンナケートの布」

新たな本の取り扱いを始めました。
c0185986_2263773.jpg
太陽と洪水が育んだラオスの木綿「サワンナケートの布」
手紡ぎ 自然染色 手織り木綿 

牧 喜代子 著 

染織と生活社 2011.10/26 発行 B5判 オールカラー50頁

定価( ¥2,000+税)

もくじ:
まえがき 牧 雄彦
サワンナケートの10年
工房立ち上げ
藍のはたけ
サワンナケートの綿
綿から糸へ
藍建て・藍染め
サワンナケートの自然染色
村の手織り
これからも
c0185986_2263213.jpg
染織家・牧 喜代子さんが、商社マンだった夫、牧 雄彦さんと共に、
1999年から手がけておられる、ラオスの手紡ぎ手織木綿布のトレーディング。
現地の人と共に作業されていた牧喜代子さんが、現場から見た、
ラオス南部、サワンナケートの染織の、貴重な記録です。

生き生きと美しい作業行程や、
現地の風景写真が、たくさん織り込まれた本を開くと、
ラオスの空気に包まれているよう。

帯の文章は、ポンタさんこと本出ますみさんが書かれています。
[PR]
by oriorishop | 2011-12-05 17:35 | 納品

クラフトショップ OriOriの入荷情報ブログ・・・大阪 谷町六丁目


by oriorishop
プロフィールを見る