トルコキリム

オールドと呼ばれる40年以上前のものから、現代のものまで、
様々なサイズのキリムが、たくさん届きました。

そのままで椅子敷としても使える、
オールドキリムのクッションカバー(40cm角)も、新たな柄が届いています。

とても全部は紹介仕切れませんので、一部だけですが写真で紹介します。

写真上:オールド/69×79cm ボーダー柄、小ぶりで薄手のキリム。
経は茶のカラードウール。
c0185986_2144224.jpg
オールド/92×117cm ボーダー柄、経は細いコットン糸。
c0185986_21444423.jpg



オールド/104×138cm この色あせ感がたまりません。
元々は袋状だったものを、開いて敷物にリメイクしたもの。
敷物の真ん中、刺繍のように見える部分は、
「ジジムCecim」と呼ばれる織り方。大変重厚で、しっかりとした織物です。
c0185986_21455286.jpg

ジジム部分のアップ、端の始末も魅力的ですね。
c0185986_21461596.jpg

向こう側の平織部分には、意味ありげな文様が入っていたり、
c0185986_21462695.jpg

ジジムの部分には、よく見るとこんな可愛らしい鳥がいます。
c0185986_21464062.jpg

対象柄なのに、なぜか反対側は鳥じゃないのも、おおらかで良いなあ。
c0185986_2147367.jpg


動物もいます。
c0185986_2147697.jpg


そしてこちらは、もう一枚のジジム織キリム。
細かな文様が一面に織り込まれています。
オールド、124×163cm
c0185986_21472179.jpg

アップ
c0185986_21473577.jpg


そして、この赤と青のモダンな柄は、トルコ西部、バルケセルBalikesir地方の、
ユンジュ(Yüncü)と呼ばれる遊牧民の人たちの伝統文様で、
「羊の角」を表しているそうです。

因みに「Yün」は「羊毛Wool」という意味だそうで、
「Yüncü」は、羊毛を扱う人たち〜羊毛屋さん、のような意味だとか。

「ユンジュ柄」と言われる伝統の柄を、
キリムの代表的な産地であるコンヤ地方で作った現代のキリムです。
c0185986_21474253.jpg
127×98cm

これらのキリムの他にも、
様々なサイズ、色、柄の、上質のキリムが沢山あります。

興味のあるかたは、ぜひ実物を見にいらして下さいね!
キリムのセール価格も続行中です。
[PR]
by oriorishop | 2013-02-01 23:22 | 納品

クラフトショップ OriOriの入荷情報ブログ・・・大阪 谷町六丁目


by oriorishop
プロフィールを見る