万葉樹さんのバッグなど

さて、春めいてきましたね。

万葉樹さんから、綿や麻、竹布など、
シンプルで着心地の良い服や、バッグ、ショールなど、
いろいろと届きました。

今回はバッグをピックアップしてご紹介します。

中国の「香雲染」という染織布と、
東南アジア少数民族モン族
の美しい古布を合わせたショルダーバッグ
c0185986_15321789.jpg
香雲(こううん)染というのは、中国の泥染の一種。
高山に自生する植物の木の根と、泥を使い、
日光の力も借りて何十回も染め重ねるという、手間のかけられた布の、
独特の渋い色と風合いは、柿渋染めのようにも見えますね。
このバッグの香雲染布は、目のつまった綿布で、大変丈夫そうです。

たっぷりサイズの斜めがけショルダーで、
ファスナー付きの内ポケットがひとつ。
ストラップに付けられているエスニックな古紐も美しい。
c0185986_15321876.jpg

こちらは、酒袋古布のトートバッグ
小ぶりサイズで、革のストラップは肩にもかけられる長さ。
酒袋補修の跡が、アートのようです。
c0185986_15321853.jpg

そして、もうひとつの斜めがけショルダーは、
ザクロ染めの綿布と、革を使ったもので、
こちらもたっぷりサイズ。
外ポケットがひとつ、内ポケットも付いています。

ちょこんと付けられた編み地のアップリケがポイント。

c0185986_15321847.jpg

[PR]
by oriorishop | 2014-03-31 16:52 | 納品

クラフトショップ OriOriの入荷情報ブログ・・・大阪 谷町六丁目


by oriorishop
プロフィールを見る