<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

tjwkのショール3点

Think of JAPAN While Knittingの、ショールが3点届きました。

「大人のピンク」をイメージして作られたキュートな一枚、
(そのままふわりと羽織って)
c0185986_13163632.jpg


グレー系でまとめられたシックな一枚、
巻き方によって色の変化が楽しめる、
ブルー系からグリーン系への、グラデーションになっています。
(半分に折って、巻いてみました)
c0185986_13163985.jpg



「柔らかで優しい」フェミニンな印象の一枚、
上の2枚より、少し長さがあるタイプです。
(ポンチョのように、巻き付けて)
c0185986_13164341.jpg


モチーフの一枚一枚が生かされた、魅力的なショールばかりです。
[PR]
by oriorishop | 2011-12-24 13:47 | 納品

高木絵麻さんの

定番となった「ねこ襟巻き」こっくりとした色合いのものが届きました。
c0185986_19232384.jpg

そして、「えまぐるみ」もたくさん!
c0185986_19232155.jpg
画面に収まり切らないものも、あとこのくらいあります。
[PR]
by oriorishop | 2011-12-22 19:29 | 納品

ABEAM 能勢マユミさんより

ABEAM 能勢マユミさんより、
先日出版されたばかりの著作本に掲載されているのと
同じデザインのニットバッグが4点届きました。
c0185986_16382243.jpg
手前より:丸底モチーフバッグ(ベージュ)
丸底ドットバッグ(グリーン)
スクエアドットバッグ(底グリーン)
スクエアモチーフバッグ(底ピンク)

シルク糸メインで編まれたバッグは、季節を問わず、
色彩や質感の組み合わせに、ハッとさせられるものばかりです。

「かなり小さなニットバッグ」も、届いてます。
c0185986_1638242.jpg
上方に写っている丸底バッグと比べると、その小ささがよく分かりますね。

写真はありませんが、ニット帽子も3点届いてます。
[PR]
by oriorishop | 2011-12-22 17:00 | 納品

ステッチワークのバッグ

やすいじゅんこさんのバッグ
c0185986_16171742.jpg
自在なミシン使いで、様々なステッチが施されたバッグは、かたちもいろいろ。

写真上の2点、ナチュラルカラーのワンショルダーバッグと、
旅行のお供にも重宝しそうな、大きなトートバッグ(下)など、
全部で5点届きました。
[PR]
by oriorishop | 2011-12-22 16:34 | 納品

ヒコーキ野郎みたいな帽子

杉山智子さんから届いたニット帽「ヒコーキ野郎みたいな帽子」

(実は、つい先日も同じタイプの帽子を届けて頂いたのですが、
 あっと言う間に売り切れてしまい、写真を撮る間も、
 もちろんブログにupすることも出来ずだったのです。)
c0185986_17122896.jpg

後ろ側が、このように分かれたデザインで、
耳まですっぽり深く被っても、後ろがジャマにならず、まとめ髪でもok。
ボタンを留めて被ることも出来ます。

全て天然染料で染められた色、優しい色合いです。
c0185986_17122632.jpg

左上から時計回りに、
赤(ゲレップ+コチニール、クルミ)、青(タマネギブルー)、
グレー(モッコウバラ、クリ)、ベージュ(クルミ、タマネギ、ヨモギ)
[PR]
by oriorishop | 2011-12-15 17:07 | 納品

てくてく堂の椅子敷

今季から、新たに取り扱いが始まった、
てくてく堂・藤原みどりさんの椅子敷が、佐賀より届きました。
みどりさんのブログはこちら

羊毛の紡ぎ織りをされているみどりさんとは、
3年ほど前に松本で知り合いました。
(と、書いていて、まだ3年しか経っていないことに驚いてます)

実際には、まだ数える程しか会ってないにも関わらず、
ずっと昔からの友人のような、深いご縁を感じる人。

そう感じるのは、「羊毛」「紡ぎ」「織り」
共通ワードがあるということはもちろんですが、
みどりさんのお人柄に由るところが大きいです。

本日から店に並べています。

定番の三分割2種と、une2と名付けられたデザインの、3種類。
それぞれ色違いもあります。

une2
c0185986_20461550.jpg

une2
c0185986_20462075.jpg

三分割1/2
c0185986_20462732.jpg

三分割1/3
c0185986_20462471.jpg

全て35×35センチ ナチュラルカラー羊毛  手紡ぎ/手織り
[PR]
by oriorishop | 2011-12-10 21:36 | 納品

かなり小さなかばん

家次久仁子さんの「かなり小さなかばん」
c0185986_173190.jpg
真ん中の赤いかばんは、3×3センチ程の小ささです。
[PR]
by oriorishop | 2011-12-09 17:06 | 納品

西家さんの陶オブジェ

西家智津子さんの、新作が届きました。
c0185986_1441494.jpg
Objects wear「身に付けるオブジェ」をテーマに制作された一連のシリーズから。

手のひら程の小さなキャンパスに配された、陶のオブジェは、
「指輪」としても身に付けられる形をしています。

左側より、ナイフ、フォーク、スプーン、緑の屋根の家、赤い屋根の家
[PR]
by oriorishop | 2011-12-08 14:58 | 納品

書籍「サワンナケートの布」

新たな本の取り扱いを始めました。
c0185986_2263773.jpg
太陽と洪水が育んだラオスの木綿「サワンナケートの布」
手紡ぎ 自然染色 手織り木綿 

牧 喜代子 著 

染織と生活社 2011.10/26 発行 B5判 オールカラー50頁

定価( ¥2,000+税)

もくじ:
まえがき 牧 雄彦
サワンナケートの10年
工房立ち上げ
藍のはたけ
サワンナケートの綿
綿から糸へ
藍建て・藍染め
サワンナケートの自然染色
村の手織り
これからも
c0185986_2263213.jpg
染織家・牧 喜代子さんが、商社マンだった夫、牧 雄彦さんと共に、
1999年から手がけておられる、ラオスの手紡ぎ手織木綿布のトレーディング。
現地の人と共に作業されていた牧喜代子さんが、現場から見た、
ラオス南部、サワンナケートの染織の、貴重な記録です。

生き生きと美しい作業行程や、
現地の風景写真が、たくさん織り込まれた本を開くと、
ラオスの空気に包まれているよう。

帯の文章は、ポンタさんこと本出ますみさんが書かれています。
[PR]
by oriorishop | 2011-12-05 17:35 | 納品

SOWの服

SOW ナラサキシノブさんより、ウエアが届きました。

沢山の中からピックアップ。まずは明るく柔らかい色彩のハオリモノ
優しいピンクと、丸みを帯びたかたちがフェミニンな一枚です。
素材は、ラオスの手紡ぎ、草木染め、手織りコットン
c0185986_17395526.jpg

そしてこちらは、アンゴラ/ウールの、とても柔らかいニット生地の、
カーディガンと、ベスト。
c0185986_17395937.jpg
オリジナル染色布、あえて裏を表に使ったデザインです。
[PR]
by oriorishop | 2011-12-04 18:18 | 納品

クラフトショップ OriOriの入荷情報ブログ・・・大阪 谷町六丁目


by oriorishop
プロフィールを見る